読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017/03/09(木) 「ノック」

音がした。来るは美女か殺し屋か さあ、気ちがいになってみようか

03/08 「罫線」

罫線をはみ出したこと無いけれど 無地の世界ではみ出して今

2017/03/07(火) 「七文字以上の名詞」

なんとなく買って帰るか今日だけは 優しい気分でハーゲンダッツ

2014/03/06 「旧」

「いちにちじゅうやまみちを歩く」と読んだ人 覚えましたか「旧中山道(きゅうなかせんどう)」

2017/03/05(日) 「権利」

いつまでも過去に囚われてるわたし 幸せ願う権利はあるのか

2017/03/04 「良」

良い色ができたと一度は喜ぶも 同じ色なぜ二度とできない

2017/03/03 「サザン」

江ノ島で同じ景色をみてた筈 なのにどうして何が違うんだ

2017/03/02 「公」

ねぇみんな名前はちゃんと呼びましょう きみこ先生をハム子と呼ぶな

2017/03/01 「15時」

おい何処だ21時よ何処行った 素数の奴らに数で負けるぞ

2017/02/28 「インフルエンザ」

「今週は休むんだって、じゃあ来週ね」 あのね、ぼくね、引っ越すんだよ

2/27 「血」「っぽい」

湧き水や温泉を見てふと思う 地球の血って透明なんだね滾々と湧き出るお湯に我が子言う 鼻血押さえつつ「あっちも止めてよ」2回目のデートで寂しく帰る道 どうやら何か盗まれたっぽい

2/26 「風」

ほんの少し意固地になっている貴方 私のやさしさに触れてちょうだい

2/25 「牛」「門」「天」「泳」

天高く翔(かけ)んと欲す蝸牛(かたつぶり) 先ずは泳ぎて登れ龍門

2/24 「柱」

住み慣れた我が家に未練も無いけれど 持っていきたい柱の傷痕

2/23 「ジャンパー」

視界無き吹雪く長野の空を飛ぶ 名すら残らぬテストジャンパー

2/22 「滴」

水被りふるると頭振る君の 髪にきらめく滴に恋した

2/21 「胸」

人柄も稼ぎもよくて爽やかで だけどごめんね胸毛ダメなの

2/20 「大」

草原に大の字になり空を見る 青と緑の境界線だね

2/19 「慣」

目が合えばもう貴方へと止まらない これも慣性の法則かしら

2/18 「ダンス」

真っ白なドレスに照れたデビュタント 今宵は娘の唇に紅引く

2/17 「飾」

九年前君が選んだひな飾り 娘と飾るよ君の写真も

2/16 「空白」

埋めたいと願う空白は君にとって 別の人との濃密な日々

2/15 「すっぴん」

すっぴんを見たら醒めるというけれど 見たくないのは余所行きの顔

2/14 「キス」「前戯」「からの」「つづきはWEBで」

寿司握る彼を含羞んで誘う夜 締めに目を伏せ「キ、鱚…は2貫で…」 もう少し待ってとぼくを焦らすきみ いいんだこれも前戯としとこう 「すぐだから」のらりくらりとかわしつつ 彼を受け入れる用意をしている 佳境にてブツリと切られ告げられて 「つづきはWEB…

2/13 「甥/姪」

「にいちゃん」と慕ってくれてた甥姪よ 少し寂しいな「叔父さん」呼びは

2/12 「柄」

柄握り両手震わす若武者の 瞳に映るは飛将呂奉先

2/11 「お国自慢」

ふるさとの自慢を熱く語る君 君を育てたふるさとが好き